• 高田馬場BSホール
  • 持ち歩き 脳活ドリルプラス vol.6
  • 稼ぐ社長の決断――転んでも起きあがれる業のツボ
  • eスポーツマガジン Vol.2
  • ムダな通院を減らすたった1つのこと
  • ももクロ無限ロード~ももクロ画談録2~

書籍・ムック

書籍・ムック

 


芹澤優写真集「すきぴ」
証言モーヲタ 
~彼らが熱く狂っていた時代~


定価:1,980円(税込)
ISBN:978-4-86494-343-7 C0076
発売日:2021年9月21日(火)


【内容紹介】
『BUBKA』連載のプロインタビュアー・吉田豪インタビュー「証言モーヲタ~彼らが熱く狂っていた時代~」が、大幅に加筆されて待望の単行本化!
「モーニング娘。」とは何だったのか──彼女たちと出会い、人生を大きく変えられた15人に、吉田豪が迫る!
「モーヲタ」として青春を捧げたあの頃の「情熱」と「笑い」、「涙」、「狂乱」の証言録。
【単行本特別収録】宇多丸(RHYMESTER)

[内容紹介]
証言・1 掟ポルシェ──何かに熱狂的になる姿を見せることによっていまの自分があって、人にもそう認識されてるだろうなって
証言・2 コンバットREC──文化祭よりももっと熱狂的な、リオのカーニバルが2年間毎日続いたような感じというか
証言・3 もふくちゃん──アイドルがホントにアイコンだった時代だったから神格化がすごくて、みんなのなかに文学が生まれたんですよ
証言・4 杉作J太郎──なんという素晴しい人々がここに集ってるんだろうということで、その日から僕のモーニング娘。は始まった
証言・5 小板橋英一──人生こんなに楽しいことはもうないだろうから狂えるだけ狂ったほうが、みたいに思ってた
証言・6 久保内信行──面倒くさいヲタが総計で10人ぐらい住んでるビルがあって、僕もそこに住んでました
証言・7 嶺脇育夫──狂ってる人たちを眺めるのが好きだったんですよね、僕はたぶんそれできないから
証言・8 サムライ──当時は子供用品でミニモニ。の服が売ってて、それを無理やり着てました
証言・9 劔樹人──ハロプロに昔の恩返しをしていくぞっていう気持ちだけでやってきてるんで
証言・10 ピストル──加護ちゃんが戻ってきたら時間を全部使いたい、じゃあサラリーマンを辞めようって
証言・11 ロビン前田──ヲタ汁まみれの会場で見知らぬ獣みたいな匂いを漂わせたヤツらと抱き合って「最高! 最高! 」ってなって
証言・12 うたか──『爆音娘。』で全裸で建物の外に飛び出したら上からパンツが降ってきて
証言・13 岩岡としえ──後藤真希にハマッてからですね、狂っていったのは。ひとりだけオーラが違ったんですよ
証言・14 ごっしー──「見返りを求めるな」ってことです。いくら応援したからといって何が返ってくるわけでもない
証言・15 宇多丸──あのときのモーニングとそのムーブメントみたいな、完全にトチ狂ってしまったみたいなことは二度はないんじゃないかなっていう気がしますね

[著者紹介]
吉田豪(よしだ・ごう)
1970年、東京都生まれ。プロインタビュアー/プロ書評家/コラムニスト。編集プロダクションを経て『紙のプロレス』編集部に参加。そこでのインタビュー記事などが評判となり多方面で執筆を開始する。現在、雑誌・新聞に多数の連載を抱えるほか、テレビ・ラジオ・ネットなど様々なメディアにでも活躍中。今までに格闘家、プロレスラー、アイドル、芸能人、政治家と、その取材対象は多岐にわたる。著書に『人間コク宝』シリーズ(コアマガジン)『聞き出す力』『続 聞き出す力』(日本文芸社)『吉田豪の空手☆バカ一代』『吉田豪の“最狂"全女伝説』『吉田豪のレジェンド漫画家列伝』『吉田豪と15人の女たち』『吉田豪の部屋の本──@猫舌SHOWROOM──』(白夜書房)などがある。


▼ご購入はこちらから





もっと見る

芹澤優写真集「すきぴ」

ヒャダインによるサウナの記録 2018-2021
-良い施設に白髪は宿る-

定価:1,650円(税込)

芹澤優写真集「すきぴ」

証言モーヲタ ~彼らが熱く狂っていた時代~

定価:1,980円(税込)

ブブカ BUBKA

BUBKA(ブブカ)
2021年BUBKA10月号増刊 「SKE48 Ver.」

特別定価:980円(税込)

BRODY 2017年8月号増刊 「BRODYけやき坂46ver.」

BRODY =LOVE 佐々木舞香 ver.

2021年10月号増刊

定価:1,100円(税込)